プロのウェブデザイナーが作ったカスタマイズ可能なホームページ素材Flash(フラッシュ)とWordPressテーマを無料配布しています。
Flash Works
HOME » WiMAX(ワイマックス) » WiMAX2+ 2.4GHzと5GHzのメリット・デメリット!切り替え方法

WiMAX2+ 2.4GHzと5GHzのメリット・デメリット!切り替え方法


WiMAX

WiMAX2+は電波を利用して無線通信しており、2.4GHzと5GHzという2つの周波数帯が用意されています。

契約後に端末が届いて電源を入れた際や再起動の際に選択するのですが、初期設定では「2.4GHz」になっているので、何も意識せずにタッチパネルで2.4GHzを選択している人がほとんどでしょう。

しかし、2.4GHzを選んだ方が通信速度が速くなる場合と、5GHzを選んだ方が通信速度が速くなる場合があるのです。

折角WiMAX2+を使うなら、少しでも高速の方が良いですよね?

そこで、それぞれのメリット・デメリットと、2.4GHzと5GHzの切り替え方法について説明するので、まだ試していない方は、ぜひ、試して速度測定してください。



WiMAX2+ 2.4GHzのメリット・デメリット

2.4GHzのメリット

  • 2.4GHzは通信範囲が広い
  • 2.4GHzは障害物を回りこむ特徴があるので、壁などがあってもつながりやすい

2.4GHzのデメリット

  • 2.4GHzはWiMAX+のみならず家電やBluetoothなどの機器も使用しているので、これらの機器と電波干渉する可能性がある
  • 2.4GHzは昔から存在する古い規格のため、そもそも通信速度が遅い

WiMAX2+ 5GHzのメリット・デメリット

5GHzのメリット

  • 5GHzは2.4GHzよりも通信速度が速い
  • 5GHzは他の機器があまり使用していない周波数帯なので、家電などと電波干渉を起こす可能性が低い

5GHzのデメリット

  • 5GHzは通信範囲が狭い
  • 5GHzは障害物を回り込みにくいので、壁などがあると繋がりにくくなる可能性がある


WiMAX2+を5GHzに切り替える方法(充電中の場合)

充電中のW06を5GHzに切り替える手順は、次のとおりです。

  1. 端末のタッチメニューで、「設定」>「通信設定」>「Wi-Fi設定」の順に進む
  2. 「屋内」「屋外」のポップアップが表示されので、どちらかを選択する
  3. 「屋内」を選択した場合は、ディスプレイに5GHzピクトが表示される
  4. 「屋外」を選択した場合または20秒以内に操作しなかった場合は、DFS機能による電波サーチが約1分間実行されます。約1分後、「DFS」のピクトアイコンが非表示になり、5GHzピクトが表示されていることを確認してください

他の端末を5GHzにする手順は多少違いますが、ほとんど同じ手順で変更できます。

WiMAX2+を5GHzに切り替える方法(充電中でない場合)

充電中でないW06を5GHzに切り替える手順は、次のとおりです。

  1. 端末のタッチメニューで、「設定」>「通信設定」>「Wi-Fi設定」の順に進む
  2. DFS機能による電波サーチが約1分間実行されるのでお待ちください。サーチ中はディスプレイに「DFS」のピクトアイコンが表示されます
  3. 「DFS」のピクトアイコンが非表示になり、5GHzピクトが表示されていることを確認してください

2.4GHzと5GHz、どちらが速いか速度測定する

上記でも述べましたが、2.4GHzと5GHzのどちらが速いかはそれぞれの環境によるため、実際に速度測定して確認しましょう。

グーグルで「速度測定」や「速度チェック」と検索すると、無料で通信速度を測れるサイトがたくさん表示されます。

場所の他、時間帯でも変わる可能性があります。

なお、5GHzから2.4GHzへの切り替えは、タッチパネルの「設定」>「通信設定」>「Wi-Fi設定」から行うか、再起動して「5GHzを使いますか」で「いいえ」を選んで2.4GHzを選択してください。

おすすめのWiMAX会社

GMO WiMAX2+
27,000円の高額キャッシュバックキャンペーン
2ヶ月目まで月額利用料が割り引きされる
全国送料無料で最短即日発送!
DTI WiMAX2+
最初の2ヶ月間の利用料金が無料
3ヶ月目以降はずっと割引料金でお得
最新の端末が無料
BIGLOBE WiMAX2+
端末キャッシュバック15,000円
端末の持ち込み可
契約期間1年間で自動更新ナシ!違約金が安い

関連記事

WiMAX2+の利用を検討する際に、多くのWiMAX会社のウェブサイトを比較して、「どこが良いかなぁ?」と悩むことでしょう。 ...


WiMAX W06(Speed WI-Fi NEXT W06)は、屋外基地局と本体の間で無線通信していますが、本体と端末(パソコンやス...


インターネット通信は、電話回線を使用するダイヤルアップ接続から始まり、次に同じく電話回線を使用して高速通信できるADSLが普及し、...


WiMAX2+の契約をしようと思い、ネットで検索すると、『DTI WiMAX』『カシモ WiMAX』『BIGLOBE WiMAX』...


WiMAX2+を提供している大元の会社はUQ WiMAXただ1社だけですが、他社がUQ WiMAXと契約して委託販売しているので、...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

最新記事

PCクーラー

ノートパソコンは、暑い中で長時間使用すると、熱がこもって故障することがあります...

マウス

キーボードやマウスは、便器の5倍汚くて細菌まみれであることが分かっています。そ...

テレワーク

WiMAX2+を短期間利用する方法を紹介します。できるだけ安く、そして、違約金...

WiMAX乗り換え

WiMAX2+は、乗り換えた方がお得な場合があります。乗り換えを検討している方...

おすすめのWiMAX会社TOP3

初めてWiMAX2+を利用する方におすすめの会社とその理由を教えます。ぜひ、W...

WiMAXの違約金

WiMAX2+は、多くの会社が2年または3年契約としており、その契約期間以外に...

WiMAX

WiMAX2+は、通常2.4GHzの周波数帯を利用していますが、5GHzに切り...

WiFiルーター

WiMAXとWiFiは、どちらも無線通信ですが、全くの別物です。WiMAXとW...

SoftBankAir

テレビでも大々的にCMが放送されているので、SoftBankAirをご存知の方...

ZEUS WiFi

ZEUS WiFiは、通信量無制限に加え、クラウドSIMで最適な回線を利用する...

素材ラインナップ

How to ホームページ

その他

インフォメーション

検索