プロのウェブデザイナーが作ったカスタマイズ可能なホームページ素材Flash(フラッシュ)とWordPressテーマを無料配布しています。
Flash Works
HOME » パソコン » マウスの左クリックの反応が悪い!修理方法・応急処置は?

マウスの左クリックの反応が悪い!修理方法・応急処置は?


マウス

一般的なPCマウスのボタンは、左ボタン・右ボタン・ホイール下のボタンの3つです。

この内、圧倒的に使用頻度が多いのが左ボタンで、ホイール下のボタン、右ボタンと続くでしょう。

そのため、パソコンを使用していると、ある日突然、左クリックの反応が悪くなります。

症状として多いのは、「同じ場所を何度もクリックしなければならない」「シングルクリックがダブルクリックになるチャタリングという現象」で、凄いストレスです。

そこで、マウスの左クリックの反応が悪い場合の修理方法・応急処置について説明するので、ぜひ、参考にしてください。



接点復活剤(コンタクトスプレー)でマウスを修理する

ある程度の期間使用したマウスで、右クリックやホイール下のボタンは問題ないのに、左クリックの反応だけが悪い場合は、左のマイクロスイッチが接触不良を起こしている可能性があります。

この場合は、接点復活剤(コンタクトスプレー)で直るかもしれません。

接点復活剤(コンタクトスプレー)の主成分は油と溶剤で、電気接点の汚れを取り除き、電気の流れを良くする効果が期待できます。

修理手順

  1. 精密ドライバー、接点復活剤(コンタクトスプレー)を用意する
  2. マウスの電池・コードを抜く
  3. 精密ドライバーでマウス下のネジをはずす。機種により、ネジ穴はシールの下に隠れています
  4. 壊れないように、慎重に分解する
  5. 左ボタンの周りをティッシュやビニールで養生しする
  6. 飛び散らないように、ボタンの隙間に接点復活剤を吹きかけて中に浸透させる
  7. しばらく待った後、余分な接点復活剤を拭き取り、養生に使用したティッシュやビニールをはずす
  8. マウスを元通りに組み立てて、電源に繋いで左クリックの反応を確認する

精密ドライバーは、ダイソーなどの100均で110円で売っています。

接点復活剤(コンタクトスプレー)は100均にはないので、ホームセンターや通販などで売っている1,000円前後の物を購入しなければなりません。

修理費用は約1000円であり、作業もそんなに難しくはありませんが、絶対に直るというわけではないので、もし治らなかった場合は約1000円損するのが難点です。



左右のマイクロスイッチを付け替える

マウスで使用するのは主に左クリックで、右クリックを使用する機会はほんのわずかです。

そのため、左クリックの効きが悪くなっても、右クリックは普通に使用できると思います。

そこで、左右のマイクロスイッチを付け替えれば、新品に近い状態で左クリックを使用することが可能です。

修理手順

  1. 精密ドライバー、はんだごて、はんだ吸取線・はんだ吸い取り器、はんだ線を用意する
  2. マウスの電池・コードを抜く
  3. 精密ドライバーでマウス下のネジをはずす。機種により、ネジ穴はシールの下に隠れています
  4. 壊れないように、慎重に分解する
  5. はんだごて、はんだ吸取線・はんだ吸い取り器を使い、左右のマイクロスイッチをはずす
  6. 左右のマイクロスイッチを付け替え、はんだ付けする
  7. マウスを元通りに組み立てて、電源に繋いで左クリックの反応を確認する

必要な物はダイソーなどの100均で入手でき、価格は、精密ドライバー110円、はんだごて550円、はんだ吸い取り器220円、はんだ線110円です。

はんだ吸取線は100均では販売されていないかもしれませんが、ホームセンターで約200円で販売されています。

この修理方法なら、高確率で左クリックは直りますが、右クリックの効きが悪くなるのは言うまでもありません。

また、修理のテクニックが必要で、特に、「はんだ吸取線を当てながらはんだごてで加熱してはんだを取り除く」「はんだごてではんだを溶かし、素早く吸い取り器で取り除く」のどちらかの作業が必要です。



マイクロスイッチを購入して付け替える

上記、「左右のマイクロスイッチを付け替える」の場合、右クリックの反応が悪くなるデメリットが生じます。

あまり使用しない右クリックですが、「それは嫌!」「それでは困る」という方もいることでしょう。

その場合は、マイクロスイッチを別途購入して付け替えるしかありません。

機種により使われているマイクロスイッチの種類が違うので、マウスを分解して確認してください。

そして、ネットで検索するとAmazonやネット通販ショップで様々な種類のマイクロスイッチが販売されているので、同じ種類のマイクロスイッチを購入します。

値段は、数個セットで数百円です。

配達されたら、「左右のマイクロスイッチを付け替える」の修理手順を参考にして新しいマイクロスイッチに付け替えましょう。

Windows10の設定を変え、左右のボタンを切り替える

夜中に突然左クリックの効きが悪くなったなど、緊急を要する場合は、応急処置としてWindows10の設定を変更することをお勧めします。

設定変更手順

  1. デスクトップ画面、左下の「スタート」をクリック
  2. 「設定」をクリック
  3. 「デバイス」をクリック
  4. 左メニューの「マウス」をクリック
  5. 「主に使用するボタン」を「右」に変更する
  6. ウィンドウを閉じる

これで、左右のボタンの機能が入れ替わります。

使いにくいですし、我慢して長く使い続けると元に戻しにくくなるため、あくまでも応急処置です。


関連記事

パソコンは、精密機器なので熱に弱いですが、熱を発するパーツを使用せざるを得ません。 そこで、熱を発する電源やCPUなどはファ...


昔のパソコンは買った当初から大きな音が鳴っていましたが、最近のパソコンはほとんど音がせず、パソコンに耳を近づけてやっと起動中である...


入力デバイスであるキーボードとマウスは、デスクトップパソコンには欠かせませんし、ノートパソコンでもマウスを使っている人が多いと思い...


スマホの普及によりパソコンの出荷台数が減っていますが、大画面で見られるパソコンの人気はまだまだあります。 現在では、スマホよ...


パソコンを使い始めた当初は、マウスの「カチカチ」するクリック音は気にならなかったり、意識しても心地良い音と感じていたのではないでし...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

最新記事

マウス

一度気にしたら、その後ずっと気になるPCマウスのクリック音。「カチカチ」うるさ...

マウス

パソコンを使っていると、ある日突然、マウスの左クリックの反応が悪くなります。そ...

パソコントラブル

Windowsパソコンのスリープ機能が勝手に起動してしまう場合があります。その...

PCクーラー

ノートパソコンは、暑い中で長時間使用すると、熱がこもって故障することがあります...

マウス

キーボードやマウスは、便器の5倍汚くて細菌まみれであることが分かっています。そ...

テレワーク

WiMAX2+を短期間利用する方法を紹介します。できるだけ安く、そして、違約金...

WiMAX乗り換え

WiMAX2+は、乗り換えた方がお得な場合があります。乗り換えを検討している方...

おすすめのWiMAX会社TOP3

初めてWiMAX2+を利用する方におすすめの会社とその理由を教えます。ぜひ、W...

WiMAXの違約金

WiMAX2+は、多くの会社が2年または3年契約としており、その契約期間以外に...

WiMAX

WiMAX2+は、通常2.4GHzの周波数帯を利用していますが、5GHzに切り...

素材ラインナップ

How to ホームページ

その他

インフォメーション

検索