プロのウェブデザイナーが作ったカスタマイズ可能なホームページ素材Flash(フラッシュ)とWordPressテーマを無料配布しています。
Flash Works
HOME » ワードプレス無料テーマ FlashWork-s » WordPressヘッダー画像の設定

WordPressヘッダー画像の設定


多くのホームページは、ヘッダー画像やキービジュアルと呼ばれる大きな画像がページ上部に配置されたデザインになっています。

そして、ワードプレスもこのデザインを基本としており、カスタマイザーで画像を変更したり、非表示にすることが可能です。

もちろん、WordPressテーマ『FlashWork-s』にもこの機能は付いているので、ぜひご利用ください。

ヘッダー画像は、閲覧者がページを見た時に最初に目にする情報であり、その一瞬でサイトの信用度や価値を判断する重要な要素なので、サイト内容に合った画像を使いましょう。

初期画像として設定している画像には、私が撮影した桜の写真を使っています。

なお、当テーマのヘッダー画像は『パソコン画面』の画像サイズを基準としており、『タブレット・スマホ・携帯画面』はその画像をウィンドウサイズに合わせて縮小しているので、920 X 200pxの画像をひとつ用意すれば事足ります。

(1)カスタマイズ

カスタマイズ

ワードプレスの左サイドバーから『外観 » カスタマイズ』と進みます。

(2)カスタマイズ画面

カスタマイザー

左側にあるメニューから設定したい項目を選び、右側でその状態を確認できます。

(3)ヘッダー画像

ヘッダー画像

左メニューから『ヘッダー画像』をクリックしてください。

(1)でヘッダー画像の表示・非表示を決定できます。

(2)で自作のヘッダー画像を登録できます。

(3)は複数の画像を登録した場合に、ページを読み込むたびにランダムで画像を入れ替えるボタンです。

右側で実際の表示を確認できるので、問題なければ青い『保存して公開ボタン』をクリックします。

ヘッダー画像のサイズを変更する方法

当テーマのヘッダー画像サイズは横920 X 縦200pxですが、中にはサイズを変更したいという方もいると思うので、その方法について説明いたします。

まずは、『functions.php』をコピーしてバックアップを取っておいてください。

『functions.php』は、少しミスしただけでもプログラムが機能しなかったり、表示されなくなる可能性があるファイルであり、元に戻せなくなると困るので、バックアップは徹底して行いましょう。

注意

メモ帳でcssファイルやphpファイルを開いて変更してはいけません。エラーの原因となります。PHPやCSSに最適のテキストエディタを参考にしてください。

変更するのは、58行目の『//custom header』です。

//custom header
$custom_header = array(
'default-image' => get_template_directory_uri().'/images/header-img.png',
'width' => 920,
'height' => 200,
'flex-width' => false,
'flex-height' => true,
'header-text' => false,
'uploads' => true,
);
add_theme_support('custom-header', $custom_header);
default-image 初期ヘッダー画像へのパス
width ヘッダー画像の横幅
height ヘッダー画像の縦幅
flex-width 横幅のフレキシブル対応
flex-height 縦幅のフレキシブル対応
header-text ヘッダー画像にテキストを重ねるか否か
uploads ファイルのアップロードの許可

WordPressのカスタムヘッダーは上記以外も設定できますが、当テーマではこの通りになっています。

画像サイズを変更するときは、この『縦幅であるheightの200』をピクセル単位でご希望のサイズに変更してください。

注意

横幅のwidthを変更するとページデザインが崩れるので、cssを調整できる人以外は変更してはいけません。

変更・保存したら、FFFTPで『functions.php』をアップロードします。

ただし、この状態でサイトを確認しても元の画像サイズで表示されるので、新たに用意した画像をアップロードして確認してください。


関連記事

ワードプレスは自分の好みの『テーマ』をインストールして有効化するだけで思い通りのサイトを制作できますが、カスタマイズして自分だけのオリジナル...


『ワードプレス』はウェブサイトを動かすシステムであり、実際に表示されるデザインは『テーマ』と呼ばれるテンプレートで成り立っています。 つま...


ワードプレスは『文字コード:UTF-8N』、『改行コード:LF』が基本です。 ウェブサイト制作に特化した『ドリームウィーバー(Dreamwe...


ワードプレス(WordPress)は、オープンソースのブログソフトウェアのため無料で利用することができます。 しかも、無料・有料のテーマが...


ワードプレスには『アイキャッチ画像』という機能が付いており、テキストだけのリンクと比べ、閲覧者の興味を引き付けてクリックされやすいという特長...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

最新記事

WiMAX W06

WiMAX W06は、有線接続の他、同時に16台まで無線接続が可能です。WiM...

USBケーブル

WiMAX W06は、有線接続することにより、高速通信・安定通信を実現できます...

デスクトップパソコン

Windows10は、消費電力を抑えるために、電源オフ時・スリープ時にUSBの...

充電

WiMAX W06には、充電に必要な付属品が付いていません。届いても、どうやっ...

配達業者

WiMAXは、クーリングオフに似た「初期契約解除制度」により、8日以内なら契約...

素材ラインナップ

How to ホームページ

インフォメーション

検索