プロのウェブデザイナーが作ったカスタマイズ可能なホームページ素材Flash(フラッシュ)とWordPressテーマを無料配布しています。
FW
» » WordPressの固定ページ

WordPressの固定ページ


ワードプレスの『投稿』がブログのページを作れる一方、『固定ページ』はウェブサイトのページを作れます。

最初はこの2つのページの使い分けがよくわからないかもしれませんが、『投稿』は更新頻度が多いページやページ数が多くなる場合に利用し、『固定ページ』はお問い合わせページや企業概要ページなどに利用すると理解しておきましょう。

例えば、お問い合わせページを投稿で作った場合、ワードプレスの使い方ページに並んでお問い合わせページが表示されるので、構成としておかしくなってしまいます。

WordPressテーマ『FlashWork-s』の投稿に表示される日付は私が組み込んだもので、カスタマイズして消すことも可能ですが、通常、『投稿』には日付を付けるようになっているので、他のテーマを使った場合も必要のない日付が表示されることによりページのイメージが悪くなります。

このように、すべてのページを『投稿』で作ることには限界があるため、『固定ページ』を適宜、利用しましょう。

固定ページの階層構造

固定ページ

ワードプレスの左サイドバーから『固定ページ » 新規追加』と進みます。

ページ右側に『ページ属性』という欄があり、『親』を指定できるようになっています。

初期設定では『固定ページ』はカテゴリーを持てませんが、ここで他の固定ページを指定することによって階層構造を作れるのです。

当然、『投稿』で同じURLのページは作れないので注意してください。

その下にある『順序』は表示順位のことです。

注意

『ページ属性』が表示されていない場合は、ページ上部にある『表示オプション』から設定できます。

タイトルや本文、抜粋、All in One SEO Packの入力が終わったら、青い『公開ボタン』を押します。

注意

そのまま公開するとパーマリンクにタイトルが使われてしまします。URLに日本語が含まれると問題があるので、一度、『下書きとして保存ボタン』を押してから半角英数とハイフンで入力し直してください。

サイトの確認

グローバルメニュー

サイトを見ると、ヘッダー画像の下のグローバルメニューに追加した『固定ページ』が表示されているはずです。

ただし、このままですと、『固定ページ』を追加するたびにグローバルメニューにリンクが加わり大きくなりすぎるので、WordPressのメニューを設定する必要があります。

そして、『固定ページ』は内部リンクが弱いので、カスタムメニューのウィジェットを使ってSEO対策するとともに、アクセシビリティにも気を配りましょう。


関連記事

ワードプレスのテーマを制作するにあたり、ウェブサイトを作ったことがある方から初めて作る方まで、どなたにもご利用いただける仕様にすることを決め...


ミニバードは月額250円と格安価格にもかかわらず、WordPressサイトを5サイト運営できるおすすめのレンタルサーバーです。 ワード...


ドメインの設定とサーバーの設定が完了したら、ワードプレス(WordPress)をインストールしましょう。 ミニバードにはワードプレスの...


ワードプレスはサイト訪問者のリクエストがあった時に、ページを構成するそれぞれのパーツを組み合わせ、さらにデータベースから取り出したテキストを...


カスタムカラーはcssファイルに手を加えることなく各部の色を変更できるので、ウェブサイト制作初心者の方にはとても便利な機能ですが、次のような...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

最新記事

日本地図

WiMAX2は無線通信のため、アンテナの範囲外だとつながりません。契約前に、自...

ノートパソコン

WiMAX各社の料金を比較。どこの会社と契約するとお得か、分かりやすく解説しま...

料金比較

WiMAX各社の料金を比較。どこの会社と契約するとお得か、分かりやすく解説しま...

UQ WiMAX

UQ WiMAXは、各種割引の他、随時開催している現金キャッシュバックキャンペ...

nifty WiMAX

nifty WiMAXは、お得な現金キャッシュバックキャンペーンを随時開催して...

素材ラインナップ

How to ホームページ

インフォメーション

検索