フラッシュ素材(Flash Works)

プロのウェブデザイナーが作ったカスタマイズ可能なホームページ素材Flash(フラッシュ)とWordPressテーマを無料配布しています。
フラッシュ素材(Flash Works)
» » WordPressの固定ページ

WordPressの固定ページ


ワードプレスの『投稿』がブログのページを作れる一方、『固定ページ』はウェブサイトのページを作れます。

最初はこの2つのページの使い分けがよくわからないかもしれませんが、『投稿』は更新頻度が多いページやページ数が多くなる場合に利用し、『固定ページ』はお問い合わせページや企業概要ページなどに利用すると理解しておきましょう。

例えば、お問い合わせページを投稿で作った場合、ワードプレスの使い方ページに並んでお問い合わせページが表示されるので、構成としておかしくなってしまいます。

WordPressテーマ『FlashWork-s』の投稿に表示される日付は私が組み込んだもので、カスタマイズして消すことも可能ですが、通常、『投稿』には日付を付けるようになっているので、他のテーマを使った場合も必要のない日付が表示されることによりページのイメージが悪くなります。

このように、すべてのページを『投稿』で作ることには限界があるため、『固定ページ』を適宜、利用しましょう。

固定ページの階層構造

固定ページ

ワードプレスの左サイドバーから『固定ページ » 新規追加』と進みます。

ページ右側に『ページ属性』という欄があり、『親』を指定できるようになっています。

初期設定では『固定ページ』はカテゴリーを持てませんが、ここで他の固定ページを指定することによって階層構造を作れるのです。

当然、『投稿』で同じURLのページは作れないので注意してください。

その下にある『順序』は表示順位のことです。

注意

『ページ属性』が表示されていない場合は、ページ上部にある『表示オプション』から設定できます。

タイトルや本文、抜粋、All in One SEO Packの入力が終わったら、青い『公開ボタン』を押します。

注意

そのまま公開するとパーマリンクにタイトルが使われてしまします。URLに日本語が含まれると問題があるので、一度、『下書きとして保存ボタン』を押してから半角英数とハイフンで入力し直してください。

サイトの確認

グローバルメニュー

サイトを見ると、ヘッダー画像の下のグローバルメニューに追加した『固定ページ』が表示されているはずです。

ただし、このままですと、『固定ページ』を追加するたびにグローバルメニューにリンクが加わり大きくなりすぎるので、WordPressのメニューを設定する必要があります。

そして、『固定ページ』は内部リンクが弱いので、カスタムメニューのウィジェットを使ってSEO対策するとともに、アクセシビリティにも気を配りましょう。


関連記事

ワードプレスにはウィジェット(Widget)という便利な機能があり、『最近の投稿』や『カテゴリーのリンク』、『カレンダー』などをドラッグアン...


ミニバードとドメインを関連付ける作業はどちらの管理画面でも必要ですが、初めにドメイン会社で設定を済ませた方が簡単です。 ムームードメイ...


ワードプレスをインストールしたら行うべき設定方法について説明いたします。 あくまでも一般的な設定の仕方であって、必ずこうしなければならない...


ワードプレスのテーマを制作するにあたり、ウェブサイトを作ったことがある方から初めて作る方まで、どなたにもご利用いただける仕様にすることを決め...


ワードプレスは自分の好みの『テーマ』をインストールして有効化するだけで思い通りのサイトを制作できますが、カスタマイズして自分だけのオリジナル...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最新記事

Flash Works

WordPressテーマ『FlashWork-s』で見出しタグが使われている箇...

Flash Works

WordPressテーマ『FlashWork-s』に用意されている装飾コードに...

Flash Works

ワードプレスのヘッダー画像の設定方法について説明いたします。また、簡単な変更で...

Flash Works

WordPressテーマ『FlashWork-s』に組み込まれているGoogl...

Flash Works

WordPressテーマ『FlashWork-s』に組み込まれているサイドバー...

素材ラインナップ

How to ホームページ

インフォメーション

検索