プロのウェブデザイナーが作ったカスタマイズ可能なホームページ素材Flash(フラッシュ)とWordPressテーマを無料配布しています。
Flash Works
HOME » パソコン » パソコンの開け方

パソコンの開け方


パソコン修理

パソコンの掃除をするとき、メモリなどを増設するときなどに、パソコンを開ける必要があります。

普通にドライバーを使えば簡単に開けられますが、注意を怠ると故障の原因となり、修理代や新品購入費が掛かるばかりか、大切なデータを失いかねません。

したがって、正しいパソコンの開け方を理解し、その手順を守る必要があります。

以下に、正しいパソコンの開け方について手順を追って説明するので、ぜひ、参考にしてください。

(1)データのバックアップと電源オフ

どんなに正しい手順でパソコンを開けたとしても、故障するリスクはゼロではありません。

また、不注意で故障してしまう可能性もあります。

したがって、大切なデータを外付けハードディスク(HDD)やCD、DVDなどにバックアップしてください。

バックアップが完了したら、電源をオフにします。

(2)パソコンにつながるコードをすべて抜く

ディスクトップパソコンの場合、コンセントやモニター、マウス、キーボードなどのケーブルが繋がっているはずです。

それらをすべて抜いてください。

(3)パソコン内部に残っている電気を消費する

コンセントに繋がっていたパソコンは、コンセントを抜いた後もしばらく少量の電気が残っています。

この状態でパソコン内部の掃除やパーツ交換などをすると故障の原因となるので、残っている電気を消費しなければなりません。

と言っても方法は簡単で、コンセントを抜いた状態でパソコンのスイッチを押すだけです。

コンセントに繋がっていないにもかかわらず、一瞬ですが起動することが多いと思います。

念には念を入れて、数回スイッチを押し、さらに、パソコン背面にある電源のスイッチも数回「カチカチ」しておきましょう。

(4)安定した場所に置き、外部の掃除をする

ある程度の広さがある安定した場所にパソコン本体を置きます。

ホコリが凄いので、ホコリが舞ってもいい場所にすると良いでしょう。

パソコンの外部もホコリで汚れているので、エアダスターなどでキレイにしてください。



(5)プラスドライバーを用意する

パソコンケースによって開け方が違うので、まずは背面のチェックをします。

その際、プラスのネジで留められていたら、プラスドライバーを用意してください。

無いという方は、ダイソーなどの100均に行くとドライバーセットが売っているので、それを購入すると良いでしょう。

なお、パソコンケースの種類によっては、ドライバーを使わずに簡単に開けることができます。

(6)金属に触れて静電気を逃がす

自分では何も感じなくても、帯電していることがあります。

パソコンは精密機器であり、静電気がマザーボードやメモリーなどのパソコンパーツに飛ぶと故障の原因となりますので、必ず、パソコンケースを開ける直前に金属に触れて放電してください。

一度金属に触れれば、体内の静電気はなくなります。

(7)パソコンケースを開ける

用意したプラスドライバーを使ってパソコンケースを開けます。

内部がホコリで汚れているはずなので、ついでに掃除することをお勧めします。

パソコン掃除の頻度・道具・やり方は?」を参考にしてください。

(8)パソコンケースを閉じる

パソコン内部の作業が完了したら、フタを閉じ、ネジを留めます。

元通りにコードを繋ぎ、スイッチを入れるとパソコンが起動するはずです。

電源が入らない場合は、パソコンケース背面にある電源スイッチがオフになっている可能性があるので、その確認をしてください。


関連記事

昭和生まれの人の中には、小学校・中学校・高校の先生が、職員室の隣にある印刷機でプリントに印刷していたことを懐かしく思う人もいること...


パソコンは、精密機器なので熱に弱いですが、熱を発するパーツを使用せざるを得ません。 そこで、熱を発する電源やCPUなどはファ...


昔のパソコンは買った当初から大きな音が鳴っていましたが、最近のパソコンはほとんど音がせず、パソコンに耳を近づけてやっと起動中である...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

最新記事

テレワーク

WiMAX2+を短期間利用する方法を紹介します。できるだけ安く、そして、違約金...

WiMAX乗り換え

WiMAX2+は、乗り換えた方がお得な場合があります。乗り換えを検討している方...

おすすめのWiMAX会社TOP3

初めてWiMAX2+を利用する方におすすめの会社とその理由を教えます。ぜひ、W...

WiMAXの違約金

WiMAX2+は、多くの会社が2年または3年契約としており、その契約期間以外に...

WiMAX

WiMAX2+は、通常2.4GHzの周波数帯を利用していますが、5GHzに切り...

WiFiルーター

WiMAXとWiFiは、どちらも無線通信ですが、全くの別物です。WiMAXとW...

SoftBankAir

テレビでも大々的にCMが放送されているので、SoftBankAirをご存知の方...

ZEUS WiFi

ZEUS WiFiは、通信量無制限に加え、クラウドSIMで最適な回線を利用する...

WiMAX2+

WiMAX2+の契約をする際は、必ず契約期間を確認してください。多くのWiMA...

プリンターインク

キャノンとエプソンのプリンターインクを安く買う方法をいくつか紹介します。メリッ...

素材ラインナップ

How to ホームページ

その他

インフォメーション

検索