フラッシュ素材(Flash Works)

プロのウェブデザイナーが作ったカスタマイズ可能なホームページ素材Flash(フラッシュ)とWordPressテーマを無料配布しています。
フラッシュ素材(Flash Works)
» » WordPressのウィジェット追加

WordPressのウィジェット追加


ワードプレスにはウィジェット(Widget)という便利な機能があり、『最近の投稿』や『カテゴリーのリンク』、『カレンダー』などをドラッグアンドドロップで簡単に設置できます。

WordPressのメニューで説明しているカスタムメニューもこの機能を利用しており、1回の作業ですべてのページに適用できるのでとても便利です。

このウィジェット機能を使いこなすことによって、見栄えが良く、使いやすいサイトにすることができるので、ぜひ、使い方を覚えてください。

ウィジェット

Widget

ワードプレスの左サイドバーから『外観 » ウィジェット』と進みます。

表示されたページの左側がウィジェット、右側がウィジェットエリアです。

RSS、アーカイブ、カスタムメニュー、カテゴリー、カレンダー、タグクラウド、テキスト、メタ情報、固定ページ、最近のコメント、最近の投稿、検索があります。

ウィジェットを追加するときは、ウィジェットエリアにドラッグアンドドロップするか、選択してから青い『ウィジェットを追加ボタン』をクリックしてください。

カレンダー

サイトを確認すると、フッター部分の右エリアにカレンダーが表示されます。

注意

フッター部分は『左・中央・右』の3つのエリアに分割されており、左寄せされます。したがって、例えば、中央エリアにだけウィジェットを設置した場合、左エリアとして表示されます。また、全エリアにウィジェットをセットしなかった場合は、フッターエリア自体が表示されません。

ウィジェットエリアの説明

ウィジェットを設置できるスペースのことをウィジェットエリアと言い、各テーマ制作者によって組み込まれています。

ウィジェットエリア

当サイトで配布しているWordPressテーマ『FlashWork-s』のウィジェットエリアは8ヶ所です。

ウィジェットエリア配置

実際にサイトで確認すると、このような配置となります。

タブレット・スマホ・携帯画面表示はすべて縦に並ぶので問題ありませんが、パソコン画面表示の場合はそれぞれのエリアの長さを考慮し、ウィジェットをバランスよく配置してください。

注意

ウィジェットエリアのAdSense(コンテンツトップ・コンテンツボトム・サイドボトム)にはウィジェット用のスタイルを設定していないので、ウィジェットを利用できません。もし、このエリアでウィジェットを使いたい場合は、各自でcssを設定してください。


関連記事

htmlサイトでメニューを作ろうとした場合、テキストを入れて、それにリンクを張ってと、面倒な作業が必要となります。 もしも修正が必要となっ...


ワードプレスは『文字コード:UTF-8N』、『改行コード:LF』が基本です。 ウェブサイト制作に特化した『ドリームウィーバー(Dreamw...


多くのホームページは、ヘッダー画像やキービジュアルと呼ばれる大きな画像がページ上部に配置されたデザインになっています。 そして、ワードプレ...


ワードプレスには『アイキャッチ画像』という機能が付いており、テキストだけのリンクと比べ、閲覧者の興味を引き付けてクリックされやすいという特長...


レンタルサーバーを借りる時にドメインも取得しましょう。 ドメインとはhttp://www~で表示されるインターネット上の住所みたいなもので...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最新記事

Flash Works

WordPressテーマ『FlashWork-s』で見出しタグが使われている箇...

Flash Works

WordPressテーマ『FlashWork-s』に用意されている装飾コードに...

Flash Works

ワードプレスのヘッダー画像の設定方法について説明いたします。また、簡単な変更で...

Flash Works

WordPressテーマ『FlashWork-s』に組み込まれているGoogl...

Flash Works

WordPressテーマ『FlashWork-s』に組み込まれているサイドバー...

素材ラインナップ

How to ホームページ

インフォメーション

検索