フラッシュ素材(Flash Works)

プロのウェブデザイナーが作ったカスタマイズ可能なホームページ素材Flash(フラッシュ)とWordPressテーマを無料配布しています。
フラッシュ素材(Flash Works)
» » PHPやCSSに最適のテキストエディタ

PHPやCSSに最適のテキストエディタ


ワードプレスは『文字コード:UTF-8N』、『改行コード:LF』が基本です。

ウェブサイト制作に特化した『ドリームウィーバー(Dreamweaver)』はUTF-8N、LFを扱えるため、htmlやphp、cssファイルを開いて変更、保存しても何ら問題ありません。

しかし、メモ帳はUTF-8を扱えても、UTF-8N、LFを扱えないため、変更・保存するとエラーを起こす可能性があります。

したがって、ウェブサイト制作では必ず専用のテキストエディタを使いましょう。

おすすめのテキストエディタ

『文字コード:UTF-8N』、『改行コード:LF』を扱える無料のテキストエディタとしておすすめなのがTeraPad(テラパッド)です。

ダウンロード、インストールは簡単なので説明はいらないでしょう。

文字/改行コード指定保存

テラパッド

メニューバーの『ファイル » 文字/改行コード指定保存』と進み、『UTF-8N、LF』を選択して『OKボタン』を押すだけです。

また、『表示 » オプション » 文字コード』であらかじめ文字コードと改行コードを決めておくこともできます。

ファイルの開き方

PHPファイルやCSSファイルを開けない時は、TeraPadにドラッグアンドドロップしてください。

それで開きます。


関連記事

ミニバードは月額250円と格安価格にもかかわらず、WordPressサイトを5サイト運営できるおすすめのレンタルサーバーです。 ワード...


ホームページを作って、その後はページを増やしていけば良いというものではありません。 アクセス解析で訪問者数や滞在時間、直帰率などの様々なデ...


多くのホームページは、ヘッダー画像やキービジュアルと呼ばれる大きな画像がページ上部に配置されたデザインになっています。 そして、ワードプレ...


htmlサイトでメニューを作ろうとした場合、テキストを入れて、それにリンクを張ってと、面倒な作業が必要となります。 もしも修正が必要となっ...


WordPressテーマ『FlashWork-s』は、初心者の方にも無理なくご利用いただけるように、あらかじめ装飾用のcssを設定してありま...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最新記事

Flash Works

WordPressテーマ『FlashWork-s』で見出しタグが使われている箇...

Flash Works

WordPressテーマ『FlashWork-s』に用意されている装飾コードに...

Flash Works

ワードプレスのヘッダー画像の設定方法について説明いたします。また、簡単な変更で...

Flash Works

WordPressテーマ『FlashWork-s』に組み込まれているGoogl...

Flash Works

WordPressテーマ『FlashWork-s』に組み込まれているサイドバー...

素材ラインナップ

How to ホームページ

インフォメーション

検索