フラッシュ素材(Flash Works)

プロのウェブデザイナーが作ったカスタマイズ可能なホームページ素材Flash(フラッシュ)とWordPressテーマを無料配布しています。
フラッシュ素材(Flash Works)
» » WordPressテーマのhタグ

WordPressテーマのhタグ


ワードプレスのコンテンツ部分は、基本的に『見出しと本文』で組み立てます。

そして、htmlで用意されているhタグ(見出し)は6種類、本文(pタグ)は1種類で、サイト制作者がオリジナルデザインのcssを割り当てて、思い思いの場所に配置しています。

自分で作ったウェブサイトなら、どこでどの種類のhタグが使用されているか理解していますが、他人が作ったWordPressテーマですと、どの種類のhタグを使用すれば良いかわからず、間違った使い方をしてしまう可能性があり問題です。

そこで、WordPressテーマ『FlashWork-s』の見出しの位置と種類についてここで説明いたします。

hタグを間違って使うとデザインが崩れたり、SEOにおいても不利益を被りますので、以下を参考に正しく使いましょう。

hタグの配置

hタグ

当サイトで使っているhタグはh1~h5までです。

h1タグはサイトタイトルの表示に使っており、特に手を加える必要はないでしょう。

h2タグはページタイトルの表示に使っています。

h3タグは本文中の見出しとして使用しています。

h4タグはサイドバーの見出しとして使用しています。

hタグ

h5タグはフッターの見出しとして使用しています。

つまり、WordPressテーマ『FlashWork-s』を利用する場合、本文中にはh3のみを利用するようにしてください。

ただし、一応、h2タグも使用できます。

なお、サイドバーのh4やフッターのh5はウィジェットのタイトルが自動で反映されますが、テキストウィジェットを利用してh4タグやh5タグを直接書き込んで使うこともできます。


関連記事

WordPressテーマ『FlashWork-s』は、初心者の方にも無理なくご利用いただけるように、あらかじめ装飾用のcssを設定してありま...


多くのホームページは、ヘッダー画像やキービジュアルと呼ばれる大きな画像がページ上部に配置されたデザインになっています。 そして、ワードプレ...


ワードプレス(WordPress)は、オープンソースのブログソフトウェアのため無料で利用することができます。 しかも、無料・有料のテーマが...


htmlサイトでメニューを作ろうとした場合、テキストを入れて、それにリンクを張ってと、面倒な作業が必要となります。 もしも修正が必要となっ...


ミニバードとドメインを関連付ける作業はどちらの管理画面でも必要ですが、初めにドメイン会社で設定を済ませた方が簡単です。 ムームードメイ...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最新記事

Flash Works

WordPressテーマ『FlashWork-s』で見出しタグが使われている箇...

Flash Works

WordPressテーマ『FlashWork-s』に用意されている装飾コードに...

Flash Works

ワードプレスのヘッダー画像の設定方法について説明いたします。また、簡単な変更で...

Flash Works

WordPressテーマ『FlashWork-s』に組み込まれているGoogl...

Flash Works

WordPressテーマ『FlashWork-s』に組み込まれているサイドバー...

素材ラインナップ

How to ホームページ

インフォメーション

検索