フラッシュ素材(Flash Works)

プロのウェブデザイナーが作ったカスタマイズ可能なホームページ素材Flash(フラッシュ)とWordPressテーマを無料配布しています。
フラッシュ素材(Flash Works)
» » WordPressのアイキャッチ画像

WordPressのアイキャッチ画像


ワードプレスには『アイキャッチ画像』という機能が付いており、テキストだけのリンクと比べ、閲覧者の興味を引き付けてクリックされやすいという特長があります。

ひとつの記事に対して1画像登録できるので、ぜひ利用しましょう。

当テーマで利用する『アイキャッチ画像』のサイズは150 X 150pxで、部分的に100 X 100pxに縮小して表示しています。

『タブレット・スマホ・携帯画面』は、画面サイズを考慮してすべて100 X 100pxでの表示です。

そのため、150 X 150pxよりも小さい画像を指定した場合はサイズが小さくなってしまいますし、150 X 150pxよりも大きい画像を指定した場合はトリミングされて思ったようなデザインにならない問題が生じますので、アイキャッチ画像に使用する画像サイズは150 X 150pxにしてください。

アイキャッチ画像の登録方法

まずは、150 X 150pxのサイズの画像を用意します。

アイキャッチ画像

『投稿』または『固定ページ』の右下に『アイキャッチ画像 » アイキャッチ画像を設定』があるのでクリックします。

『アイキャッチ画像』が表示されていない場合は、上部にある『表示オプション』で設定してください。

アイキャッチ画像

開いた画面に画像をドラッグアンドドロップし、右側にある『代替テキスト』に画像に関係する単語を入力して、青い『アイキャッチ画像を設定ボタン』をクリックします。

アイキャッチ画像

元の画面に戻るとアイキャッチ画像が表示されますが、そのページの青い『更新ボタン』を押して確定しないと反映されないので気を付けましょう。

アイキャッチ画像の使用箇所

トップページ

上の画像は『パソコン画面』のトップページで、コンテンツ部分のアイキャッチ画像が150 X 150px、サイドバー部分が100 X 100pxとなっています。

『投稿』の重複を防ぐため、トップページのコンテンツをカスタマイズするか、サイドバーの最新記事を非表示にすることができます。

投稿

上の画像は『パソコン画面』の『投稿』で、『関連記事』に100 X 100pxのアイキャッチ画像が表示されます。

検索結果

上の画像は『パソコン画面』の『検索結果』で、150 X 150pxのアイキャッチ画像が表示されます。

注意

アイキャッチ画像が表示されるのは『投稿』ですが、検索を利用した場合には『固定ページ』のアイキャッチ画像も表示されます。登録していない場合は、グレーの『NO IMAGE画像』が使われます。


関連記事

ワードプレスは『文字コード:UTF-8N』、『改行コード:LF』が基本です。 ウェブサイト制作に特化した『ドリームウィーバー(Dreamw...


レンタルサーバーを借りる時にドメインも取得しましょう。 ドメインとはhttp://www~で表示されるインターネット上の住所みたいなもので...


『ワードプレス』はウェブサイトを動かすシステムであり、実際に表示されるデザインは『テーマ』と呼ばれるテンプレートで成り立っています。 つま...


ドメインの設定とサーバーの設定が完了したら、ワードプレス(WordPress)をインストールしましょう。 ミニバードにはワードプレスの...


ワードプレスのコンテンツ部分は、基本的に『見出しと本文』で組み立てます。 そして、htmlで用意されているhタグ(見出し)は6種類、本文(...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最新記事

Flash Works

WordPressテーマ『FlashWork-s』で見出しタグが使われている箇...

Flash Works

WordPressテーマ『FlashWork-s』に用意されている装飾コードに...

Flash Works

ワードプレスのヘッダー画像の設定方法について説明いたします。また、簡単な変更で...

Flash Works

WordPressテーマ『FlashWork-s』に組み込まれているGoogl...

Flash Works

WordPressテーマ『FlashWork-s』に組み込まれているサイドバー...

素材ラインナップ

How to ホームページ

インフォメーション

検索