フラッシュ素材(Flash Works)

プロのウェブデザイナーが作ったカスタマイズ可能なホームページ素材Flash(フラッシュ)とWordPressテーマを無料配布しています。
フラッシュ素材(Flash Works)
» » WordPress無料テーマ『FlashWork-s』

WordPress無料テーマ『FlashWork-s』


FlashWork-s

カスタマイズが簡単なワードプレス無料テーマで、主に次のようなオリジナル機能が備わっています。

  • レスポンシブデザイン
  • 背景色・ベースカラー・見出しのカラーなどの変更
  • サイドバーの位置
  • サイドバーの最新記事の表示・非表示・表示件数
  • グーグル アナリティクス(Google Analytics)
  • ウィジェットエリア多数

WordPressテーマの制作について

htmlのサイトは今までにいくつも作ってきましたが、ワードプレスのサイトは無料テーマを改造して作ったことがある程度。

一度だけ自作のワードプレスサイト作ったことがありますが、ただページを分割しただけに近いサイトで、htmlとほぼ変わらない出来栄えでした。

しかし、ワードプレスでウェブサイトを制作することが一般的となり、GoogleがWordPressを推奨している今日においては、ワードプレスは避けて通れない状態なので、本気で一から制作することにしました。

ワードプレスはphpファイルにhtmlタグやプログラムを書き込んでいきますが、自分には初歩的なphpの知識しかなく不安を抱えてのスタートです。

さすがにゼロから始めると時間が掛かり過ぎるので、とりあえず、姉妹サイトで配布しているhtmlサイトをレスポンシブデザインにすることから始め、これは今まで何度もやってきたことなので難なくクリアしました。

そして、WordPress化でページを分割するのも以前にやったことがあったのでスムーズに完了。

問題は、ワードプレスの機能を埋め込んでいく作業で、ネットであれこれ調べてプログラムを利用させていただいたり、自分で考えたりして、結果、思ったよりも時間を要しました。

製作期間は、2ヶ月ちょっとです。

明け方まで作っていたり、土日祝日にも手を加えていたので、250~300時間、ひょっとしたらそれ以上の時間かもしれません。

依頼された企業や個人を対象とした特定のサイト制作ならこんなに時間は掛かりませんでしたが、誰でも使えるWordPressテーマとなると必要以上に作業が多くなります。

そして、テーマ制作が面白くなって、いろんな機能を付け加えていたことも制作に時間が掛かった要因のひとつです。

その分、初めてとしては十分満足の出来となっています。

無料配布いたしますので、ぜひご利用ください。


関連記事

WordPressテーマ『FlashWork-s』には、『パソコン画面』でグローバルメニューを入れ子にした場合と、『タブレット・スマホ・携帯...


『ウィジェット』の『タグクラウド』を使用してもタイトルが表示されず、cssも適用されない状態になっていたので修正しました。 2015年12...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最新記事

Flash Works

WordPressテーマ『FlashWork-s』で見出しタグが使われている箇...

Flash Works

WordPressテーマ『FlashWork-s』に用意されている装飾コードに...

Flash Works

ワードプレスのヘッダー画像の設定方法について説明いたします。また、簡単な変更で...

Flash Works

WordPressテーマ『FlashWork-s』に組み込まれているGoogl...

Flash Works

WordPressテーマ『FlashWork-s』に組み込まれているサイドバー...

素材ラインナップ

How to ホームページ

インフォメーション

検索