フラッシュ素材(Flash Works)

プロのウェブデザイナーが作ったカスタマイズ可能なホームページ素材Flash(フラッシュ)とWordPressテーマを無料配布しています。
フラッシュ素材(Flash Works)
» » フラッシュ素材 設置方法

フラッシュ素材 設置方法


当サイトで無料配布しているフラッシュ素材をHTMLファイルに組み込む方法を説明いたします。

以下の手順を踏めば、ドリームウィーバーやホームページビルダーなしでも簡単に設置できます。

初心者の方にも無理なくご利用いただけるので、参考にしてください。

なお、load.txtファイルで設定できる項目については、それぞれの該当ページを参考にしてください。

フラッシュ素材 設置手順

1. Flash素材をダウンロード・解凍する

お使いになりたいFlash素材をダウンロードします。ZIP形式に圧縮されていますので、+Lhaca等のソフトで解凍します。

 
2. フォルダの中身の確認

素材によって異なりますが、以下のファイルが同梱されています。
swfファイル (書き出したFlashファイル)
load.txt (リンク先変更等、カスタマイズのためのテキストファイル)
imgフォルダ (画像が入っているフォルダ)
sample.html (動作確認のためのhtmlファイル・アップロード不要)
tag.txt (htmlファイルへの挿入タグ・アップロード不要)
AC_RunActiveContent.js (アップロード不要)
ご利用前にお読みください.txt (アップロード不要)

 
3. HTMLファイルへの挿入

tag.txtを開き、中のタグをflashを埋め込みたい場所(HTMLファイル)へコピー&ペーストします。初期設定では、swfファイルとHTMLファイルを同一フォルダに設置する場合のパスとなっています。もし、swfファイルを違う階層に設置する場合は、パスを変更してください。

 
4. 外部テキストファイルのリンクについて

load.txtでリンク先を変更する場合は、http://から始まる絶対パスで指定してください。相対パスを利用する場合は、Flash素材を埋め込むHTMLファイルからのパスで指定してください。

 
5. ファイルのアップ・動作確認

htmlファイル、swfファイル、txtファイル、imgフォルダをアップして動作確認してください。初期設定では、すべてのファイルを同一フォルダに設置することを前提としています。もし、swfファイルを違うフォルダに設置する場合でも、load.txtファイルはhtmlファイルと同一フォルダにアップする必要があります。なお、sample.htmlは動作確認用のファイルなのでアップする必要はありません。


関連記事

Flashに興味があり、使ってみたいと思っている方は多いのではないでしょうか。 しかし、このFlash、高価なので簡単に購入できません。 ...


Internet Explorer(インターネットエクスプローラー)のセキュリティ警告の解除方法について解説いたします。 ちなみに、以下の...


FFFTPの利用方法と各ボタンの機能について説明いたします。 トラブルシューティングについても解説しているので、問題が生じたときは参考にし...


ローカル(自分のパソコン)内にあるswfファイルを読み込んでいるHTMLファイルを開き、そのFlash素材を使用してインターネットにアクセス...


当Flash Worksには、インターフェース素材やメッセージボード素材に画像を使用するものがあります。 中には、『フラッシュ素材を利用し...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最新記事

Flash Works

WordPressテーマ『FlashWork-s』で見出しタグが使われている箇...

Flash Works

WordPressテーマ『FlashWork-s』に用意されている装飾コードに...

Flash Works

ワードプレスのヘッダー画像の設定方法について説明いたします。また、簡単な変更で...

Flash Works

WordPressテーマ『FlashWork-s』に組み込まれているGoogl...

Flash Works

WordPressテーマ『FlashWork-s』に組み込まれているサイドバー...

素材ラインナップ

How to ホームページ

インフォメーション

検索